2014 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 09

強制女装 ヤンキーの彼女6 ブロマガ編1

 【31//2014】

「おい!変態ブタ お前 私の下着を穿きたかったんだろ 穿けよ このブタ野郎!」

「そうだね~穿かせるのも 面白いょね~」

僕のベッドで 細い脚を組み ショーツが見えてしまいそうなほどでした。

「それとも 警察に行きたいの?」

「つかまっ ちゃえば~~」

僕の足の脛を あざ笑うかのように蹴り ほくそ笑むのです。

僕は、瑠理香様の前で 自らの性癖を晒す事になるのです。

抜粋





何一つ身に着けていない姿にされ 僕は 狂うのです。

おもむろに 瑠理香様の下着を取り上げ 僕は無心で 顔に擦り付けるようにして 匂いを嗅いでいたのです。

「マジでぇ~~~~」

「いやだぁ~~こいつ キモ~~~ィ 匂い嗅いでる チョ~変態だぁ!」

僕は その間 何も考える事も出来ず 無我夢中でしかないのです。

何度も何度も下着の匂いを胸いっぱいに吸い込むのです。

「ねぇ!お前さぁ~いつから 私をオカズにしてたのょ!」

「勝手に 抜いてたんだ!」


抜粋
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Category: 強制女装

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

エロ度37%フォトビデオ

 【30//2014】

最近の動画集から 一瞬を切り抜いた フォトビデオ

時間がないから モザイクなし画像を選びました。

やっぱり ギリギリを狙うと エロさが足りませんね!


[広告] VPS

Category: FC2会員動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

パンストペニス手コキ遊び

 【29//2014】

過去の動画から


[広告] VPS

Category: 動画

Comments (5) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

超ミニスカ美脚パンスト直穿き電マオナニー

 【28//2014】

昨日の動画と同じコスチュームで 下半身のみの動画

腰からつま先まで 納めたの だから

よりリアルに パンスト直穿きペニスを感じると思うわ!


asek.jpg
awfj.jpg


美脚黒スト ミニスカートの裾から 露わになる

パンスト直穿きペニス 6分間の動画
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Category: ブログマガジン動画

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

パンスト直穿きビキニOLコス 手コキ電マオナアニー

 【27//2014】

このブログのトップページは変わらないけど

そのトップページに置いた 画像を動画で

私なりに 女装の勝負コスチューム!

このシリーズ 5本あるので そろそろ公開しようかしら

今まで 大きな動画を好む意見もあって 縦の動画を横にしていたけど

立てた分だけ動画のサイズが 小さくなるの

貴方達が 横になればいい事だけど ご意見下さいね

14分間の動画


















Category: コンテンツマーケット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アナルオナニー射精写真集

 【26//2014】







kihbu9h (2) kihbu9h (99)


アナルオナニー射精写真集 

105枚の画像からアナルオナニーの序曲を数枚と

ペニスからザーメンを 噴き出す その一瞬を集めた 写真集

極太のディルドを 挿入して ペニス汁をタラタラ糸を引き流す瞬間

動画では見られない 一瞬 一瞬の ゲロエロ画像集

105枚収録











Category: コンテンツマーケット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

自作エナメルショーツ電マオナニー射精 【無修正】

 【25//2014】

私が作ったエナメルショーツ 

ペニスをエナメルの包み込むの!

ナイロンでもない エナメルの感触がペニスに

自作だからこそ 私に合わせたショーツ

ペニスの太さから 限界に追い込まれた

ペニスの先端だけを見せる事が出来るのょ!

そして カリ首の強張りまで エナメル越しに見せて上げる。

だから今回は 無修正 BGMも静か目にしたから

ラストは、射精・・・・・ 私の顔まで飛び散ったの

美味しかったわぁ!

ザーメンを四分の一スローモーションで見せて上げる。


















アダルトブログランキングへ

Category: コンテンツマーケット

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

パンスト ランジェリーペニスしごき

 【24//2014】

3種類のランジェリーの動画から 極薄ナイロンのモザイク動画

貴方は 薄いナイロンランジェリから見え隠れするペニスがお好みかしら?

それとも パンスト直穿きの 透けるペニスが お好み?

どちらも 極薄ナイロンモザイクに仕上げた動画

今日も ザーメン出しなさいょ!
















Category: コンテンツマーケット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スケルトンオナホ 合法動画

 【24//2014】

貴方達 ご存じだと 思うけど

私 ウェ~ブ露出狂 だょね!

露出狂は 全てを晒して見せてしまうけど

見せない露出狂の 楽しみもあるのょ!

今回の動画も 全ての変態に 見せて上げるけど

当然 モザイクのない動画は 存在する

数少ない 人にだけ 一分間ではない 一時間の

全てを晒す 動画があるの・・・・その辺の 露出狂ではないのょ!





[広告] VPS


BGM入れるの忘れてた 声が聞こえて 会員の皆さん ごめんね!



アダルトブログランキングへ

Category: FC2会員動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

バックラインパンスト直穿きスケルトンオナホ射精動画

 【23//2014】

黒ミニドレス バックラインパンスト

スケルトンオナホ 射精動画

タイトなブラックのミニドレス

セクシーなバックラインパンストと合わせてみたの

そして、スケルトンのオナホで パニスが

オナホって 使った事はあったけど

カリ首が 凄く感じて もっと透かして見せて上げたい

こんなに感じている 私のペニス

どうかな? 良く見てね!

見られているともっと 感じるから

貴方も オナホ買って 私と同じ オナニーしてね!


















Category: コンテンツマーケット

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ナチュスト手コキオナニー

 【23//2014】

[広告] VPS




アダルトブログランキングへ

Category: FC2会員動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

超ハイレグレオタードパンスト直穿きオナニー

 【22//2014】

超ハイレグレオタード 光沢黒パンスト

はみ出してしまいそうなほどのハイレグは如何かしら

光沢黒パンストの脚の擦り合せから

床にペニスを擦りつける パンストヒップ

電マで 何度も何度も逝きそうになって

寸止め遊び 10分間の動画


















Category: コンテンツマーケット

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

強制女装 ヤンキーの彼女 5

 【21//2014】

2 (1)






僕は、耳を疑うような事を ヤンキー子の口から聞くのです。

「マッパだょ!このクソM男下着泥棒女装変態 早く脱げ それとも警察に行くか?」

憧れのヤンキーの彼女の前で、僕が全裸になる。

その行為は、今まで僕が夢にまで見ていた事でした。




2 (2)






想像力の乏しい僕は、夜な夜な 下着女装をして

女装強制オナニーのAVの虜になっていました。

この癖が 日に日に発展し あの子が僕のミストレスだったらと願いだしたのです。

AV女優の顔を ヤンキーの この子の顔と重ね合わせていたのです。




2 (3)





このAV女優が、ヤンキーの彼女だったらと

バイト先で 彼女を見かけた瞬間 気の強さと あどけなさが魅惑的でした。

それでも僕は 今まで夢に見たいてことが現実になる事を恐れるのです。

僕の 本性の癖が ヤンキーの彼女の前で晒してしまう事を

今まで 誰にも見せた事のない 僕の本性!





2 (4)

アダルトブログランキングへ






こんなに可愛い女の子が 男の言葉使いをする。

彼女の前で晒す事を咎めるのです。

憧れの ヤンキーの彼女の前で性癖を晒す事を躊躇するのです。

「さっさと 脱げょ 殺すぞ てめ~ぇ」

僕は ヤンキーの彼女の中で何かが変わったと思えました。





2 (5)






若い女性の 侮辱 罵言 恥辱の言葉が胸に突き刺さるのです。

「お前ょ~名前は 何んて言うんだ!」

汗で ずっしりと重くなった Tシャツを脱いでいました。

思考回路が、真夏の日差しで溶けて行く





2 (6)






ベッドに座り込む ヤンキーの彼女の前で、僕は直立不動でしかありません

「ま   さ    る    勝と 言います。」

巨漢の子は、この状況をあざ笑いながら 下目使いで僕を見下します。

「まさる 勝かょ!この変態! お前に人の名は 勿体ないわぁ!」

その瞬間でした。顔に唾を吐き捨てられたのです。





2 (7)





警察に突きだされるから 僕は屈辱に耐えるのか?

いいえ 違う!憧れのヤンキーの彼女の唇から発せられた屈辱の言葉に魅せられるのです。

「はい!申し訳ありません!」

足が ガタガタと震えが止まらない事を僕は 自覚していました。

真夏の日差しが部屋に差し込んで来る 




2 (8)

アダルトブログランキングへ





太陽の鼓動と合わせて 耳元で大量のセミが鳴いた。

「お前 今から 変態ブタでいいわ なぁ 変態ブタ!」

一つ 一つの言葉が 僕を落として行く

「そうだね!下着泥棒クソM男女装パンストマニアぢゃ 長すぎるね!」

一つ 一つの言葉が 僕を溶かせて行く





2 (9)





「しかしょ~良くここまで 変態を極めたわね!このクソ野郎!」

「こんな変態がいたかと思うと、この街の空気も吸いたくないょ!死ね!」

僕を 変態ブタと呼び捨てにした ヤンキー子彼女のエクボが悪女をかもし出す。

それは奈落に落ちた人間を見る 侮辱の笑みでしかないのです。

「はい!・・・・僕は・・・・・ 変態ブタです。・・・・有難う御座います。」




2 (10)







真夏のセミの鳴き声が 僕を溶かして行く

「なぁ~変態ブタ 身体もメタボブタだな!キモ~~~~ぃ」

「ホント キモィね! こんなやつ 死ねばいいのに!」

巨漢の子が、僕の痴態感に 油を注ぐ

「おい!変態ブタ お前 何歳なんだ?」




2 (11)






警察に突き出されても 僕は服従すると思えるのです。

「はい!30歳です。」

顎からタラタラと汗が流れるのを感じました。

「30歳 お前 そんな おっさんなのかょ!私達より8歳も上だな!」

身体中からも 汗が噴き出してくる・・僕は・・・・・死ぬのか?

「30歳の 下着泥棒女装クソM男ぉ~~キモ~~ぃ」






2 (12)




次から次へと 僕の耳に暴言が届くのです。

「おい!変態ブタ この下着 全部買ったのに どうして私の下着だけ盗んだ!」

ヤンキーの子と、僕は 一瞬目が合った瞬間 脛を蹴られたのです。

巨漢の子ほど力はありません でも 僕の中で痛みが増すのです。

「あの!・・・・・・ぅ・・・・それ・・・は・・・」

そして 再び 脛を蹴られるのです。

「その態度が キモィんだょ! この変態ブタ!」

そして 巨漢の子が クスクス笑い出したのです。

「ねぇ!瑠理香 この変態ブタ 瑠理香に興味があるんだろうね!」

その言葉に 僕は 自然に土下座し額を床に擦り付けていました。




2 (13)

アダルトブログランキングへ





「嫌だょ!こんな変態 死んで欲しい!」

セミの鳴き声が耳元で爆発した。

何もかもが 真っ白に落ちて行く

「だって 瑠理香の下着だけ盗むなんて 完璧 ストカーぢゃない!」

僕は 瑠理香様の虜です。

この瞬間 僕は 憧れのヤンキーの彼女の名前を脳裏で 呟いていました。

「キモ~~ィ 全然 キモ~~~ィ 死ねょ!おめぇょ~~」

「聡美 この変態ブタ どうする?」

その瞬間でした。

そして 部屋に散らばった 僕の下着が足蹴にされ鼻先に届く

「嗅げょ!変態ブタ!」





2 (14)






僕は その命令に 頭を下ろすのです。

「嫌だぁ~キモ~~~ィ 自分のパンツの匂い嗅いでる キモォ~~~」

瑠理香様が 僕を罵るのです。

その瞬間

頭を ヒールで踏みつけられたのです。

僕は、瑠理香様に 踏みつけられたと望むのです。

「もっと パンツの匂い嗅げ 変態ブタ!」

しかし 次に発せられた声は 聡美様の声でした。

「おい!変態ブタ 正直に答えろ 瑠理香の下着でチンポしごきたかったのか?」

目の前に 憧れの瑠理香様がいる 僕は・・・・

「さっさと 答えろょ! 変態ブタ!」

・・・・・・・・・・・

セミの鳴き声が 一瞬途切れた瞬間 僕の顎に激痛が走りました。





2 (15)






「アグヴ!」

「イヤ~~キモ~~~~~~~イ 変な声出したぁ!」

「チンポしごきたくって 盗んだんだろう この変態ブタ!」

髪の毛を鷲掴みにされ 無理やり顔を上げさせられました。

「はい!」

何とか言葉を発し その時 唇から血の味がしました。

「お前ょ!こんなクソM男のAVばかり見て 瑠理香を妄想してチンポをしごいてたんだろう!」

「嫌だぁ~~最悪ぅ~~キモ~~~~ぃ 死んで欲しい!」

瑠理香様の侮辱に満ちた目が 僕の自尊心を砕き落とした。

「最低な 下着泥棒クソM男の女装パンストマニアだわ! あんたわ!」




2 (16)

アダルトブログランキングへ




真夏の昼下がり 僕の空だけに原爆が落ちた。

僕だけが ドロドロに身体が溶けて行くのを感じるのです。

「ほら!ズボンも脱ぎなさいょ!変態ブタ!」

「聡美 こいつさぁ~女のパンツ穿いてるかもょ!」

「まさか バイトに行くのに パンティ穿く?」

「ここまで変態だったら 分からないわょ!」

「いるんだね・・・・こんなバカ!」

「ほら さっさとズボン 脱げ バ~~カ!」

僕は 物事を考える事を 止めたのです。

息も絶え絶えでした。

ゴキブリが、即死にならないように 少しずつ ヒールで踏まれて行く

「さっさと脱げ バ~~カ!」




2 (17)





身動きが取れない ただ大きな波にさらわれ深い谷へ落ちて行く

次の瞬間 耳元で大量のセミの鳴き声が爆発したのです。

僕は ズボンを 下ろしたのです。

「嫌だ~~変態だわ こいつ 紫のスケスケパンティ穿いてる!」

「やばいょ スケスケ~~~へ・ん・た・い」

「可愛そう パンティがこんな変態に穿かれて! かわいそ~~ぅ」

「このバカ!どこまで変態なのかなぁ~あんた 死んだ方がいいわぁ!」

「バイトもスケスケ~~~チンポ スケスケ~」

「変態!変態!ちょ~~~~ぅ 変態!死んでくれる!」

「こいつ チンポ おっ起ててるょ~~~マジで~~信じられない!」

「やば~~~変態露出狂クソM下着泥棒パンストマニア 死ねょ!」



2 (18)





「やばぁ~~~紫パンティ チンポスケスケ ギンギン!」

「変態ぃ~~変態ぃ~~チンポ ヌルヌルしてる~~~ぅ」

「えぇ~我慢汁 垂らしてる~~~~ぅ 変態チンポ!」

「チンポ ギンギン ズルムケ~~~ぇ」

「クソM男だから チンポギンギンになるんだぁ~~変態!」

「あんた 本当に こんなパンティ穿いて 仕事していいの?さいてぇ~~」

「人間のクズ!」

「おい!変態ブタ 私の下着 穿いて オナニーしろ!」




2 (19)

アダルトブログランキングへ

Category: 強制女装

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

自慰ペニス虐待

 【20//2014】

当ブログ内には 無修正動画はありません

転載 2時使用は 一切禁止です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Category: ブログマガジン動画

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

赤パンスト電マ ペニスしごき

 【18//2014】

ブログマガジン 黒桜琴美 赤パンスト 電マ ペニスしごき だけど

内容的には 見ない方がいいと思うの!

画像だけにしなさい 

サンプル   サンプル   サンプル

私に動画 たいしたことないから!


アダルトブログランキングへ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Category: ブログマガジン動画

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ストーカーの魔の手

 【15//2014】

こんな動画は どうかしら?

光沢ナチュラルパンストフェチの貴方が

私の部屋に、忍び込んだの!

誰にも見つからないと思っていた私の隠れ家が

貴方の魔の手に嵌る。



[広告] VPS





アダルトブログランキングへ

Category: FC2会員動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

強制女装 ヤンキーの彼女編 4

 【14//2014】

uhggl (1)







「ほ~ら!あったょ!女の下着 それも入りきらないくらい」

「どうしようもないねぇ~ へ ・ ん ・ た ・ い 」

それは、僕が夜な夜な身に着けているコレクションでした。

変態の証 女性の下着を見つけられてしまったのです。

この瞬間 僕の知らなかった 高揚を覚えるのです。



uhggl (2)





それと同時に 今までに無い 絶望感 失望 絶念 銷魂 悲観 自棄

どんな言葉でも表せない 人間の尊厳をも否定する。

そう!クソ野郎に 陥るのです。

「お前 本当に クソ野郎だね!変態格付けUP 下着泥棒変態女装クソM男」

僕は目を覆う事しか出来ませんでした。




uhggl (3)

アダルトブログランキングへ



セミの鳴き声が僕を襲い 頭が破裂しそうになるのです。

まるで隕石でも衝突したかのように ベランダから白い光が爆発する。

「アンタ この下着全部 盗んだの?」

ヤンキーの子が、脚を組み替える瞬間 僕は見逃さなかった。

ショッキングピンクに黒いレースのショーツを目に焼き付けるのです。




uhggl (4)




そして巨漢の子が 僕の髪の毛をつかみ ヤンキーの子に目をそむけられないように鷲掴みにする。

「いえ 盗んでいません 買っています。」

その瞬間 首が折れそうなほど 鈍い痛みが襲った。

「お前なぁ~てきと~な事を言ってんぢゃないょ!」



uhggl (5)





そして ヤンキーの子が、僕のコレクションを引き出しごとひっくり返した。

「このクソ野郎 ちゃんと正座しろょ!クソ野郎!」

情けなく哀れに、僕の下着が床に巻きちらかせられた。

「随分と集めたわね!これ全部 盗んだんでしょ!」

巨漢の子が、僕の太腿をヒールで踏みつぶす。

「グゥブグヴ」



uhggl (6)





「この変態野郎 変な声出すんぢゃないょ!」

僕は 首を横に振るしか出来ませんでした。

「これは 警察だね!」

指の先で 汚物を摘み上げられた 僕のショーツをあざ笑う

「いいえ 本当に盗んでいません 通販で買ったんです。」



uhggl (7)






ヒールのつま先で、僕の下着を足蹴にされてしまうのです。

「こんなクソ野郎に穿かれた下着が 可愛そうだょね!」

そして僕の太腿に ヒールがめり込んだ。

「ウゥヴ」



uhggl (9)





「かわいそうな下着ね!むごいわょ 最低最悪!」

「でも この中に 私の下着はないみたい・・・・」

ピンク ブルー パープルの鮮やかな下着が惨めに踏みつけられた。

「とんでもない変態が この街に住んでいたのね!キモ~~~イ!」

そして 僕の膝元に下着を蹴り飛ばす。



uhggl (10)

アダルトブログランキングへ




その中には まだ未使用のサイズを表記するカードも付いたままだった。

「女性下着コレクターマニアね!クソM男の へ・ン・タ・イ」

真夏の暑い日差しが火傷しそうなほど 部屋に差し込んで来る。

僕の 見つかってしまった無残な 下着にかげろうがさす。

そして 巨漢の子が 愉快そうに笑いだしたのです。

そうなのです。!三段目の引き出しを抜き取られ 

4段目の引き出しが見えていたのです。

「何 これ・・・・まだ 何かあるょ 異様な数の パンスト!」

ヤンキーの子は クスクスと笑い出した。




uhggl (11)





「お前ょ~几帳面にパンストこんなに集めてるんぢゃないの・・・・」

巨漢の子は、僕の首をねじ上げ 顔に唾を吐きつけた。

「アンタ 本物の変態なのね!生粋の へ ・ ん ・ た ・ い 」

ヤンキーの子は 愉快そうに笑いながら脚を組み替える。

「また 格上げして上げる。変態下着女装クソM男のパンストマニア」

何もかも 忘れたい 意識など持ちたくない そう思えました。




uhggl (12)





そんな事を思った瞬間でした。太腿に激痛が走る。

そうです。巨漢の子が 僕の太腿を蹴りあげたのです。

「アヴゥウ・・」

「凄いょ このパンストの種類 イタリヤ製だってイギリスもある 世界中のパンスト」

一度も開けられていない パンストのパッケージを見て 巨漢の子は絶句した。

「これ やっぱ 警察だょ!危ないわぁ!こんなのが この街にいたんぢゃ!」




uhggl (13)

アダルトブログランキングへ



「おい!変態 お前 自首しろ このクソ野郎!」

「この街に こんな変態がいたんぢゃ 恐ろしいわ!」

僕のベッドに 腰をかけるヤンキーの子が 脚を組み替えた。

「ほら このスマホ お前のだろう 自分で電話して自首しろ!」






uhggl (14)





しかし 僕のベッドの枕元に座る ヤンキーの子のスカートを覗き込んでしまうのです。

そして、二人は 僕のベッドに座り 何か話し始めました。

僕には、セミの鳴き声で 何も聞こえはしませんでした。

そして 次の瞬間 二人から大きな笑い声が響く!

「ほら スマホを持て 110番 押してやるから」

僕は ヤンキーの子の 愉快そうな笑みに涙が溢れた。




uhggl (15)





「お願いです 何でもします。どんな事でもしますから警察だけは許して下さい」

ヤンキーの子の 言葉は キツイでも 僕の耳には 可愛らしく届くのです。

「ダメだね!自首しろ この変態野郎!」

こんなに可愛い子が こんなに可愛い声で 僕を罵るのです。

「死ね!」



uhggl (16)

アダルトブログランキングへ





「お願いです。本当に出来心で 初めてなんです」。

ヤンキーの子の唇が 微かに笑みを見せる。

「ほら 110番押してやったから お前が通話ボタンを押せ この変態!自首だぁ!」

土下座する僕の頭を巨漢の子が足蹴にした。

「ほら さっさと押せょ!下着盗んだんだろう!下着泥棒!」

頭にヒールが突き刺さるような痛みが襲うのです。

「御免なさい 御免なさい 本当に御免なさい!」

次の瞬間 顎をヒールで蹴り上げられ 僕は床に崩れました。

意識が薄れる・・・・そして血の味がしました。

「どうして 私の下着を盗んだんの?」




uhggl (88)




その質問の瞬間 ヤンキーの子は、膝を開き 前かがみで僕の目を見るのです。

僕は ヤンキーの子の股間に食い込む 小さなピンクのショーツに目が釘づけになるのです。

か細い腕で 僕の髪をつかみ 顔を上げさせられました。

「どこ見てるのょ!変態!」

小悪魔に微笑むのです。

そして 僕の顔に 唾を吐いたのです。

「このクソ野郎 警察に自首しろ!」

鼻先に ヤンキーの子の唾液の匂い 香しい酸味を嗅ぎました。

「私の下着だと知ってて 盗んだんでしょ!」

そして 再び 唾を吐きかけられたのです。

「はい!」

「許せないんだょ!」




uhggl (17)






「どうかお願いします。何でもしますから 何でもします。」

そして また二人は 耳元で何かを話し出すのです。

真夏の太陽の脈動がセミの鳴き声を煽り 僕の耳をつんざく

何もかもが 終わった そんな絶望の中

二人は、楽しげに何かを話し合っている

「こいつ 殺す!」

そして 耳を疑うような言葉を ヤンキーの子の口から聞くのです。

「おい!クソM男下着泥棒女装変態 私達の目の前で 全裸になれ!」



uhggl (18)

アダルトブログランキングへ

Category: 強制女装

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

パンスト美脚オナニー動画

 【13//2014】

ドット柄のワンピースを着て 黒スト

二十代半ばくらいの感じかしら 女装って 誰にでもなれるの

そんな子に パンスト直穿きで 太腿にペニスを擦り合せる。

パンスト美脚にペニスの構図が たまらないでしょ!

そして電マで オナニーさせるの・・・・

私が 私に命じた 遊び心・・・・・

貴方も 一緒に 射精しなさい!

ザーメン出すのょ!






[広告] VPS




アダルトブログランキングへ

Category: FC2会員動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

パンスト直穿きミストレスザーメン大量射精 61

 【12//2014】

パンスト直穿きミスレス 大量ザーメン射精

赤いコルセットと光沢ナチュラル色のパンスト

貴方の口に 私のペニスは入るかしら

ちゃんと根元まで しゃぶらせて上げるわょ!

パンスト越しの手コキ パンスト直穿き電マ

ペニスモロ出し 手コキ

貴方も 一緒にチンポをしごきたくなるの

強制オナニーをさせて上げる。

ほら!チンポをしごきにいらっしゃい!


37分間の動画


















アダルトブログランキングへ

Category: コンテンツマーケット

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

強制女装 ヤンキーの彼女編3

 【11//2014】

rgfch7 (1)





「何て事してるんだょ!この野郎!人のパンツなんか盗みやがって!」

巨漢の子が玄関先で、罵声を上げるのです。

僕は、何も言えずに俯くしかありませんでした。

そして ヤンキーの子も僕をたたみかけるのです。




rgfch7 (2)a




「この クソ野郎 変態下着泥棒! テメ~ェ~ 私の下着を返せょ!」

ヤンキーの子が、玄関に入ってくる。

一瞬 この子が こんな言葉使いをするなんてと 思ってしまった。

口調とは全く違う 小悪魔に あざ笑うかのような笑みは

完璧に 人間とは認めない 下等な愚か者を見下す笑みでしかない



rgfch7 (3)





真夏の昼下がり 僕の部屋には 数百匹のセミが鳴いているように響いた。

そして、その後に、巨漢の子も入って来た

「どこに あるんだょ!盗んだ下着! 早く返せ!警察に突き出してやる!」

これ以上 玄関先で、罵られていては 近所中に知られてしまう



rgfch7 (4)





僕は、何度も何度も 頭を下げる事しか出来ない

頭を下げる度に、大粒の汗が 顎方 タラタラと流れ落ちた。

そして、ポケットの中から ヤンキーの彼女の下着を取り出し 手渡そうとしました。

「汚らしい お前が 触ったパンツなんか一生 穿けないんだょ!このクソ野郎!」



rgfch7 (5)





僕の手汗で、グッショリと濡れた下着ごと 手を叩かれ 床に落ちた。

僕は 初めて言葉が出ました。

「ごめんなさい ごめんなさい 二度としませんから 警察だけは許して下さい・・・・」

「チィッ!」

巨漢の子の舌打ちが部屋に響いた。




rgfch7 (6)

アダルトブログランキングへ





玄関先に立つ二人の背後は 真っ白に浮かび上がり真夏の幻覚をかもし出す。

「他にも 盗んだ下着も返せ!」

ヤンキーの子が 僕をあざ笑いながら愚弄する。

その視線は 私の顔にマジックで 下着泥棒と書かれたように思えた。




rgfch7 (7)




「えぇ?・・・・他の下着・・・・?」

「え ぢゃねぇ~ょ しらばっくれるな! お前が 全部 盗んだんだろう!」

「そんな・・・・・僕は・・・・出来心で 一回だけです。」

真夏の日差しで、脈動するように セミが 鳴き叫ぶ




rgfch7 (8)




可愛く小悪魔な表情に幻覚をおこす

僕は こんなに可愛い子からの罵声を耳で疑いながらも 心の奥底で湧き上がる物を感じた。

「バカ野郎 そんなの信じられるか 出せ!早く返せょ!テメェ~~」

こんな子の口から こんな罵声を言われるなんて!

「これは 完全に警察ザタだな!」

僕は、この状況を一瞬 真夏の暑さで意志が遠のくのを感じた。

「・・・・・・・・・ 警察だな!」




rgfch7 (9)




「いや!本当に、出来心で 初めてなんです。」

真夏のセミの鳴き声が 一瞬 途切れた瞬間でした。

「ぢゃ この部屋 家宅捜索だね!」

ヤンキーの子が ハイヒールのまま 部屋に上がり込むのです。

そして、僕を 突き飛ばすように巨漢の子も部屋に入り込んで来る。



rgfch7 (10)a

アダルトブログランキングへ




「許して下さい 許して下さい 本当に 始めたなんです。」

それでも 僕の脳裏の中で、玄関先で争うよりもマシと思えた。

「この変態クソ野郎 盗んでいるから部屋を見せられないだろう!」

巨漢の子が 僕のくるぶしを蹴り上げる。

「どきな!」



rgfch7 (11)





肘鉄が、僕のわき腹にめり込み 一瞬 息が絶えた。

「このバカ野郎 下着泥棒の変態の言う事が 信じられるか!」

「ずーっつと 見張っていたんだょ 二人で そしたら直ぐに お前が ひっかかった!」

僕は愕然とし 息を飲みました。

「何度も何度も 下着を盗み見して 突然 奪い逃げ去る お前の顔は 笑ったょ!」

「お前しかないんだょ!この下着泥棒変態!」




rgfch7 (12)




何か大きな物が崩れて行き 飲み込まれる錯覚を覚えました。

「盗む瞬間は、ビデオで撮ってあるからね!」

ヤンキーの子が、僕のベッドの枕元を荒らし出した。

「何このAV 淫語痴女だって~~~ 」

そこは、僕の性癖の隠し場所でしかない

真夏の日差しがベランダから差し込み 真っ白な幻覚を起こす。



rgfch7 (13)

アダルトブログランキングへ




彼女もいない ほとんど友人も遊びに来ない僕の部屋は

あちらこちらに 僕の性癖が垣間見る。

無数のセミの鳴き声と、真っ白な幻覚で 膝がガタガタと震えをおこす。

そんな 性癖の隠し場所を ヤンキーの子は いつものように 短すぎるピンクのスカートで

僕のベッドに座って あら探しをしているのです。

薄く透けたキャミソールから 細い腕を露わに出し

胸元から 赤いブラジャーを垣間見ました。



rgfch7 (14)





「これは 超極悪ギャルチンポ放尿制裁だって~~~」

僕の 癖が ヤンキーのこの子に 知られてしまう

それなのに無邪気に AVを漁る 生足に目が留まってしまう

「お前ょ~この部屋 エアコンもないのかよ このクソ暑い部屋でなにやってるんだ ボケ!」

「極道ギャル 女装ペニクリ甚振り なんだこの変態ビデオは?」



rgfch7 (15)




僕は 跪いて 土下座するしかないのです。

「止めて下さい 許して 本当に勘弁して下さい」

可愛く淫らなスカートで出て行く 彼女を思い出しオナニーしていた事も知られてしまうそんな気がした。

「M男のAVばっかりだね! 」

「このタイトルも 笑えるょ! 下着女装 強制オナニー VOL12だってさ!」

「ねぇ!何て書いてある?」



rgfch7 (16)

アダルトブログランキングへ



「そして女子校生が男の金玉やチンコを執拗に責めると、M男の喜びの雄叫びが聞こえるのであった…。」

こんな可愛い子が そんな言葉を言ってしまうだなんて

「だってさぁ~~~・・・・M男 お前 ホント クソ変態だね!」

そんな瞬間でした。

巨漢の子が 僕のタンスを開けだしたのです。

僕は、ヤンキーの子が、AVを漁るのも気がかりでしたが

それ以上に、ヤンキーの子に見せたくはない物があったのです。

「止めて下さい 本当に 止めて下さい 何でも言う事を聞きますから!」



rgfch7 (17)






淡い緑のキャミソールを着た巨漢の子の腕は、僕の太腿よりも太さを感じた。

「お願いです お願いですから 止めて下さい お願いします。」

これ以上ないほど慌てる僕に、大はしゃぎで喜ぶ ヤンキーの子

「バカだね!盗んだ下着があるから見せられないんだろう このクソ変態M男!」

巨漢の子は、僕を簡単に、肘で 蹴散らすのです。

キャミソールの胸元から 汗が流れ落ちるのを 僕は確かに見ました。

愉快そうに笑うヤンキーの子と目が合った。



rgfch7 (18)





僕は、怖気づき 床に座り込むしかありませんでした。

真夏の太陽の脈動と合わせて鳴くセミの声が 意識を薄れさせた。

一段目 二段目 そして 三段目・・・・・・・

「もういいでしょ 何もありませんから!」

しかし 秘密の引き出しは 開けられてしまったのです。




rgfch7 (19)



アダルトブログランキングへ

Category: 強制女装

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

美脚パンスト電マオナニー  22分間の動画

 【09//2014】

この動画の【無】  22分間



[広告] VPS



アダルトブログランキングへ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Category: ブログマガジン

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ボディストッキング ロングスネークディルド アナルオナニー 射精

 【09//2014】

今回の動画 私の極エロ動画の中で三本の指に入る 激エロ動画

赤いディルドをアナルに挿入して座り腰をうねられアナルの奥底に

ディルドをくわえ込むの 凄く奥まで突き上げてくるわ

そして、ロングスネークディルド 4キロもの重さがある。

アナルを締め上げて くわえ込んだら離しはしないわ

腰をくねらせれば くねらすほどディルドが アナルをかきむしる

脚に当たった瞬間の衝撃が、意図しなく未知の快楽になだれ込む

ほら!私の淫らな姿を見ながら チンポをしごくのょ!

素敵でしょ!


45分間の動画


















アダルトブログランキングへ

Category: コンテンツマーケット

Comments (7) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

強制女装 ヤンキーの彼女編 2

 【08//2014】

qwapd (1)





そして、向かいの住居からも人は 見ていないか 

「早く 盗んぢゃえ 早く!」

その隣のアパートからも見ていないか!

「大丈夫だ 誰も 見ていないって!」




qwapd (2)





人の歩いている気配はないか?

「ほら!行けょ!盗め!」

僕は、五感を研ぎ澄ませ 5、6秒 確認したと思います。

「さっさと 盗まないと ばれるぞぉ!」



qwapd (3)






真夏の熱風のゆらぎが、セミの鳴き声をあおり その頂点

「今だ!行け!」

僕は、かがみ ヒョウが獲物を狙う様に、いきなり走り出した。

ベランダの格子に足をかけ 一段高い ベランダの物干竿

黒い下着 二つを鷲掴みにした瞬間 反転し・・・・ 

その瞬間は、覚えていないくらいです。




qwapd (4)




僕は、猛スピードで走り 米屋の交差点を左に曲がり 

そこからは、怪しまれないように速足です。

心臓が張り裂けそうなほど 凄い 異様な興奮が 襲いました。

絶対に誰にも見られてはいない・・・・しかし・・・



qwapd (5)

アダルトブログランキングへ





頭や肩に まるでセミがいるように 鳴き声が聞こえるのです。

身体中が まるで夕立にあったように汗だくでした。

そして アスファルトの些細な歪みに足を取られる。

僕の愚かな行為を 誰にも見られてはいないんだ!




qwapd (6)





一刻も早くこの場所から離れなければ ただ それだけでした。

ヤンキーの あの子のアパートから僕のアパートまでの距離

1キロは離れていないと思います。

僕は、裏道から裏道へ抜け 今まで こんな道を通った事は無い



qwapd (7)





しかし 何度も 何度も背後を確認し 足早で歩きます。

誰にも見られてはいないはず・・・・それなのに 誰から見ていた?

完全に不審者の行いでしかないと分かっていても ダメなのです。

向かいから男の人影を見ると、俯き 行き先を変える。




qwapd (8)




後ろから自転車が来ると、慌てて路地を曲がりました。

何度も転びそうになりました。

真夏の太陽が、視界に幻覚を起こさせ セミの鳴き声で頭が割れそうだ!

何度も ガードレールに足が接触する。




qwapd (9)

アダルトブログランキングへ





そして、やっと 僕のアパートが目に入った瞬間 僕は、走っていました。

その瞬間 セミの鳴き声が やんだ!

僕は、アパートの階段を駆け上がり 何度も何度も背後を確認し

カバンの中から部屋の鍵を 探すもどかしさ 早く! 早く!




qwapd (10)




僕の部屋の ドアを開けた。

僕は、汗だくで、喉もカラカラだった。

そして 自分の足の震えをおぞましいほど 感じた。

水道水を コップ一杯 喉に流し込む

「あぁ~ 盗んぢゃった・・・・・」





qwapd (11)





一人の部屋で、声が漏れた。

そして おもむろに 盗んだ下着をズボンのポッケから出し

鷲掴みにしていた下着を広げた。

凄い エロィ こんな下着を あの子が・・・・・



qwapd (12)

アダルトブログランキングへ





その瞬間 チンポが今までに無いほど 脈動するのです。

僕は、開いたショーツを鼻先で嗅ぎ ファスナーを開いた。

そんな瞬間でした。

アパートの階段を上ってくる 女性の足音・・・・ハイヒールの音

僕は、震えあがり ゾクッと背筋がうねりを上げました。

そして 足早に窓から外の見たのです。

そこには、ヤンキーのあの子の車が!

次の瞬間です。



qwapd (13)




扉を 蹴飛ばす音が部屋中に響き渡りました。

「ドン ドカ ドドン ドン」

「おい!下着泥棒 この変態野郎 出て来い!」


qwapd (14)




そして 鼓膜が張り裂けそうなセミの声が耳を襲う

「おい!下着泥棒 さっさと出て来!」

僕は、膝をガタガタと震わせ腰に、力が入らない

とにかく下着を隠さないと、再び ズボンのポケットに隠しました。



qwapd (15)

アダルトブログランキングへ




「おい!変態 お前がいるのは知ってるんだ 出て来い!」

僕の額から 溢れ出す汗が首筋に流れた。

このままでは、近所に下着を盗んだ事がばれてしまう

「おい てめ~村石線の◯◯の店でバイトしてるだろう この野郎 出て来い!」



qwapd (17)




僕のバイト先まで 知られているのだ!

僕は、玄関のドアを 開けるしかないのです。

開けた瞬間 二人の女性と目が合いました。




qwapd (16)




一人は、あのヤンキーあの子と もう一人は、金髪の見知らぬ子

金髪の見知らぬ子は、かなりの巨漢でした。 

ヤンキーの子は、今まで見た事もない侮辱した視線が突き刺さる。

「おい!この下着泥棒 お前 警察に突き出すからな!」

その言葉に 僕は 絶望し震えあがるのです。




qwapd (18)

アダルトブログランキングへ

Category: 強制女装

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

このクソ野郎

 【07//2014】

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Category: ブログマガジン

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

強制女装  ヤンキーの彼女編 1

 【07//2014】

101 (1)





毎日熱帯夜が続き 今日で2週間連続になる。

この日も 真夏の暑い日でした。

温暖化 異常気象が 僕の体力を奪い去る。

午後三時までの アルバイトも僕の部屋にはエアコンもなく

憂鬱な気分で アパートへ帰宅する





101 (7)


何の楽しみも 趣味もない 金がないから

でも こんなクソ暑い日に 働けるか!

アルバイトだけで生活をしていた僕は、何の欲もなかった。

それなのに・・・・・・



101 (8)





表通りの八百屋から一つ裏通りになる路地

僕のアパートに帰る 最も近い 近道

真っ白なアパートがあり そこに一台の車体の落とされた車が止まっている。

シャコタンかょ?

20年以上前は、高級車であっただろうけど 今では ただの族車でしかない



101 (9)





黒塗りの車であるが 塗装も剥がれサビが浮いている。 

スモークで車内は何も見えない 今時 流行らない族車

そんな族車がある 白いアパートも築20年はたつだろうか?

僕が住む アパートよりもかなり安そうに感じる。




101 (10)

アダルトブログランキングへ




このアパートに住む 女性 いつもピンクのスエットでぶらぶらし

僕のバイト先でも彼女を何度か見かけていました。

深夜だけ牛丼屋で バイトしていたからだった。

あの子は 身長も高い方ではない でも 視線を奪われてしまう

スタイルも良く 綺麗な顔をしているが かなり性格はきつそう

一瞬 笑みを僕に見せた事がありました。






101 (11)


何故か あの小悪魔は笑みが 脳裏から離れない

あの子の性格は あの可愛い笑みなのか?・・・・それとも・・・

僕には 幼なじみの女の子の友達がいました。

綾香って 物心がついた頃から呼んでいた。

小学校も中学校も同じ学校に通学していたし

いつも近所の友達たちと公園で遊んでいたんです。




101 (12)






中学2年の夏休み 綾香とは ほとんど遊んでいなかった。

そして 夏休みが終わり 登校すると 綾香の姿は別人だった。

髪は金髪に、そしてスカートも完全に校則に違反している。





101 (13)


夏休みに高校生の彼氏が出来て その彼氏がヤンキーだったのです。

そして 綾香まで ヤンキーになってしまった。

今までの 僕が知る 綾香では完全にない・・・・

それからは ほとんど口も利かなくなった。


101 (14)

アダルトブログランキングへ



僕は、幼なじみの綾香が好きだった 

僕だけぢゃない 皆 綾香が好きだったんだ!

ヤンキーの見知らぬ男に 綾香を取られた気がした。

綾香に 僕の知らない 魅力を感じた。




101 (2)







もう 男を知ってしまったように思えるのです。

綾香が どんどん遠くに行ってしまう

昔の綾香と ヤンキーの綾香 僕は ヤンキーの綾香が好きだった。

優しい綾香が 気の強い綾香に変わり より魅力を感じたのです。

そんな綾香と このピンクのスエットを着た子が 重なるのです。








101 (5)



いつもピンクのスエットを着ている 彼女!

そう!あの族車の持ち主なのです。

どんな仕事をしているか そんな事は 知りもしない 夕方になると

お尻が見えてしまいそうなほど 短いスカートを履いてタクシーで出て行く

キャバクラ嬢なのか?風俗嬢なのか? そんな感じでしかない

そんな あの子のベランダの前を通りすがり 目で追ってしまう僕がいた。

派手な下着に 目を奪われてしまうのです。



101 (6)a





あの子が こんな下着を身に着けるだなんて・・・

あの日も ベランダに、いくつもの洗濯物の中に 黒い小さなヒモパンを見た。

そして、あれは ブラジャーなのか?

もしかして カップレスブラ・・・・・・横目で見ながら通り過ぎた。


101 (4)

アダルトブログランキングへ




夏の日差しと、熱風で 微かに揺れている。

小さな布きれの下着が、透けて見えた。

僕は、最短の近道から 表通りの八百屋の前に出て

また あの白いアパートの前を歩いてしまう

耳が張り裂けそうなほど煩い セミの鳴き声

セミが 僕に何かを けしかける。


101 (15)




僕の意識の中で 何かが薄らと消える。

顎から汗が異様に流れるのを感じた。

今度は、アパートのベランダの もっと近くを歩いてしまう僕がいた。

そう!もう一度 あの淫らな下着を目に焼き付けたい

そう!もう一度だけ 見るだけでいいから

あのヤンキーの子の下着をもう一度だけ 見たかった。



101 (16)




ピンクのスエットの下で 身に付けられた下着

物干しに揺れる なんて淫らな黒い下着

あんな下着を身に付けたら 食い込んでしまうのでは・・・・?

僕は、タバコ屋の角からバス停に出て また八百屋の前に出た。



101 (18)



この真夏に、僕は 三度も 下着を横目で見ながら通りするのです。

ほとんど人通りのない道 チャンスがあれば盗みたい

あのヤンキー子が身に着けている下着が欲しい



101 (17)




クソ暑い日差しが 僕の中の何かを変えて行く

僕は、俯き 誰とも目が合わないように、白いアパートの前を歩きました。

真夏の午後三時 セミの鳴き声が幻覚を誘う

何もかもが陽炎のように薄れて行く

ヤンキーの彼女の車の前で 足を止め背後を確認し

誰もいない事を確認しました。

「大丈夫だ 誰も見ていない 盗め!」





101 (3)


アダルトブログランキングへ

Category: 強制女装

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

露出狂の女 ラスト

 【06//2014】

ラストは 天下の往来で変態露出狂女 何万人ものザーメンまみれ!

そして マンコが壊れるほど犯され続ける。

あぁ~~もっと マンコにチンポがいいの マンコして

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Category: 黒桜から

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

黒スト直穿きディルド電マアナルオナニー

 【05//2014】

ねぇ!パンストチンポの変態君

今回の動画は、黒パンスト直穿き 

アナルディルド 電マオナニー

極エロ編!!

とことんエロく 仕上がったの 

私のアナルに チンポを入れたくなるような!

良く見なさいょ!

チンポをしごいても 許して上げるから!





















アダルトブログランキングへ




Category: コンテンツマーケット

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

露出狂の女 10

 【05//2014】

14CIMG4973.jpg



そろそろ 終点ね!

随分 時間がかかったけど!




14CIMG9944.jpg





太腿が マンコ汁で ヌルヌルしてるぢゃないの!

ほら そろそろ最後だから もっと食い込ませなさい!





15CIMG1739.jpg





どうなの? いいの?

マンコに食い込む 極小マイクロGスリングショーツが

マンコの肉ヒダを 盛り上げて




15CIMG8058.jpg

アダルトブログランキングへ





マンコの食い込みが 本当にクッキリさせてるでしょ!

振り返って 皆さんに見て頂きなさい






16CIMG9542.jpg





はい!皆さん この暑い中 こんなに人混みで

このバカ女のお付き合い 有難う御座いました。





18CIMG5437.jpg






この淫乱露出狂女の痴態プレイ そろそろおしまいです。

最後に 皆さん お近くで良く見てやってください






13CIMG4555.jpg






あぁ!この変態女 病気持ちなので 決して触らないで下さいね!

自分でクリトリスをいじって 逝きますから






13CIMG5251.jpg







ほら!皆さんの前で クリトリスをいじりなさいょ!

マンコは見えていないんだから もっと開いて 腰を突き出して見せなさい






13CIMG6231.jpg





私の おマンコを どうか見て下さい

おマンコ汁で スケスケの淫乱マンコを見て下さい




13CIMG6449.jpg

アダルトブログランキングへ





あぁ~~見て クリトリスが ここで こんなに いいの!

あぁ~~~クリトリスをいじって 私 皆さんの前で逝きます。





13IMG_4652.jpg







あぁ~~~逝く 逝く 見て トロトロのおマンコ

あぁ~~~チンポが欲しいの チンポが欲しいの!

あぁ~~逝く 逝く 見て 逝く・・・・・・





14CIMG2723.jpg





どうしようもない変態露出狂女ですね!

皆さん 今晩のオナニーのオカズに是非使って下さい





18CIMG5603.jpg





それでは 最後に 皆さんの前で ほら!

この淫乱露出狂女!





18CIMG9425.jpg





あのガードレールをまたぎなさいょ!

子供の頃よくやってたでしょ 角にマンコを擦り付けるのょ!




20CIMG1910.jpg





さっさとまたげ このバカ女!

クリトリスを擦り付けるんだょ!

皆さんの目の前で!





45IMGP0427.jpg

アダルトブログランキングへ

Category: 黒桜から

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ブロマガ購入特典

 【04//2014】

購入者だけに!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Category: ブログマガジン

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

露出狂の女 9

 【04//2014】

14CIMG3153.jpg






このバカ女 天下の往来 表参道で何回 逝くのかしら

ねぇ!マンコ歩くたびに グチュグチュ煩いわょ!






15CIMG8903.jpg







ほら!赤信号だから 頭をさ上げて前屈姿勢で 後ろのお客様に

マンコを見て頂きなさい






20CIMG1862.jpg

アダルトブログランキングへ






そうょ!赤信号は 基本 前屈姿勢 貴方を追いかけてくるお客様に失礼でしょ

ほら マンコを見て下さいって 言いなさい






21CIMG2268.jpg







私のマンコを どうか見て下さい

そしてオナニーのオカズに どうかして下さい






25CIMG1374.jpg






ほら もっと 極小マイクロGスリングショーツを食い込ませないと見えないでしょ

使えない女ね! マンコに 食い込ませるのょ!







26CIMG6360.jpg







あぁ~~~また 逝きます 逝きます

私のおマンコを 見て あぁ~~おマンコが トロトロで おマンコが気持ちがいいの!

逝く 逝く 逝きます。





28CIMG3708.jpg





どうしようもない変態ね!

どうしたの 歩けないの そんな所に 座り込んで






37CIMG2881.jpg






ほら!青よ さっさと歩きなさい

このクソ露出狂変態女!






37CIMG3681.jpg






そんなに マンコ汁を 天下の往来で垂らして

貴女 マンコ臭いわょ!この ド変態!






41CIMG7761.jpg

アダルトブログランキングへ






ほら!マンコにもっと食い込ませて

あのお客様に マンコを開いて見せて上げなさい!





41CIMG7909.jpg







ほら!食い込むマンコを 両手で もっと もっと 開くのょ!

使えないね!開くか垂らすしかない バカ女なんだから!






41CIMG8008.jpg







もっと 皆さんに アピールしなさいょ!

乳首をいじりながら 歩きなさい!






41IMG_3213.jpg







バカね!これは 女性の特権なのょ!

下半身のラインを見せつけて歩くのは 特権






42CIMG9566.jpg






クリトリスをいじりながら 乳首をつまみながら 歩きなさいょ!

貴女 露出狂なんだから この程度の事はやりなさいょ!







44CIMG4100.jpg






クリトリスも乳首も 快楽の度合いが分かりにくいんだから

勃起した クリトリスと乳首くらい アピールしなさい!





45CIMG4863.jpg

アダルトブログランキングへ

Category: 黒桜から

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る